監督 篠崎誠 (Makoto Shinozaki)

1963年東京生まれ。立教大学映像身体学科卒業後、映画ライターとして「キネマ旬報」「SWITCH」などに原稿を書く。その後『おかえり』(1995)で商業映画監督デビュー。世界25カ国50か所以上の国際映画祭で上映され、ベルリン映画祭最優秀新人監督賞(ヴォルフガング・シュタウテ賞)をはじめ、モントリオール世界映画祭新人監督部門グランプリなど、海外で11賞を受賞。続く監督第二作『忘れられぬ人々』はバンクーバー映画祭ドラゴン&タイガーアワード奨励賞、ナント三大陸映画祭で主演男優賞と女優賞をW受賞。劇映画として三作目にあたる『犬と歩けば チロリとタムラ』は上海国際映画祭ニュータレント部門(新人監督)のグランプリを受賞した。  現在、立教大学現代心理学部映像身体学科の専任教授と映画美学校フィクション・コース、アクターズ・コースの講師を兼任。近作として2010年は『東京島』と『怪談新耳袋 怪奇』、2011年には『死ね!死ね!シネマ』が公開された。

主な監督作

『おかえり』(1995)、『ジャムセッション 「菊次郎の夏」公式海賊版』(1999)、『忘れられぬ人々』(2000)、『浅草キッドの「浅草キッド」』(2002)、『犬と歩けば チロリとタムラ』(2003)、『霊感のない刑事』(2004)、『殺しのはらわた』(2006)、『女王陛下の草刈正雄』(2007)、『天国のスープ』(2008)、『東京島』(2010)、『怪談新耳袋 怪奇』(2010)、『死ね!死ね!シネマ』(2011)

脚本/酒井善三(さかいぜんぞう)

1985年生まれ。映画美学校フィクション・コース14期生。脚本・監督をつとめた修了作『おもちゃを解放する』は、高い評価を得て、インディペンデントを中心に活動しつづける監督たちのショーケース型映画祭、シネドライヴ2012、映画太郎Vol.2、第二回 O!!iDO短編映画祭でも上映された。

プロデューサー/松田広子(まつだひろこ)

1960年生まれ。雑誌編集者を経て、篠崎誠監督デビュー作『おかえり』(94)に参加。97年より映画美学校の立ち上げおよび、学生とのコラボレーション作品、塩田明彦『どこまでもいこう』(99)黒沢清『大いなる幻影』(99)、松岡錠司『アカシアの道』(00)を手がける。01年からオフィス・シロウズにて、熊切和嘉『アンテナ』(03)、『フリージア』(06)、塩田明彦『カナリア』(04)、大九明子『恋するマドリ』(07)、加藤直輝『アブラクサスの祭』(10)のプロデューサーを務める。近作は西川美和『夢売るふたり』(11)。本作はWOWOWドラマ「天国のスープ」(08)以来の篠崎監督との仕事。

監督補/久保朝洋(くぼともひろ)

1964年生まれ。 大学在学中、黒澤明監督『夢』に見習い助監督としてつく。 卒業後の91年、株式会社日活撮影所に入社。同社助監督として根岸吉太郎、中原俊、黒沢清、長崎俊一、塩田明彦等の作品に参加する。
99年からフリー。監督・脚本デビューはVシネマ『ラブホテルの夜・スペシャル』(97)。他、監督・脚本作品として『オボエテイル/「緋い記憶」』(05年製作・11年公開)、『富江VS富江』(07)など。

撮影/山田達也(やまだたつや)

1959年生まれ。大学卒業後、制作部、助監督を経てキャメラマン瀬川順一に師事、撮影助手となる。柳沢寿男、松川八洲雄、伊勢真一監督などのドキュメンタリー映画や企業VP、IMAXなどの大型映像に参加。その後、劇映画の助手をへて石原プロモーションにて金宇満司に師事、多くのテレビドラマに就く。現在は劇映画、TVドラマ、ドキュメンタリーを中心に担当。2002年青森県六ヶ所村を3年半記録した加藤鉄監督による長編ドキュメンタリー『田神有楽(でんしんゆうがく)』、金子雅和『鏡の娘』(09)、古澤健『making of LOVE』(10)、岸建太朗『夢の力』(11)が公開。12年は本作のほかに、岸建太朗監督の最新作を撮影準備中。映画美学校コラボレーション作品として、万田邦敏『×4』、高橋洋『狂気の海』『旧支配者のキャロル』、古澤健『先生、夢まちがえた』『love machine』の撮影を担当している。

照明/玉川直人(たまがわなおと)

1977年生まれ。映画美学校修了後、2007年より照明助手として活動を始める。主な技師作品として、山本政志『スリー☆ポイント』(10)、古澤健『making of LOVE』(10)、大畑創『へんげ』(11)等がある。映画美学校製作作品としては高橋洋『旧支配者のキャロル』、古澤健『love machine』の照明を担当している。

録音/臼井勝(うすいまさる)

1968年生まれ。岐阜市内の高校を卒業後、印刷会社でデザイナーとして勤めるのと並行して、市内のイベント企画集団「アートマーケット24」に参加。自主映画の上映などを手掛けるうち、映画監督の山川直人と知り合い上京。照明助手などを経て、村上龍『TOPAZ<トパーズ>』(92)で録音技師としてスタート。その後、塩田明彦『どこまでもいこう』(99)『害虫』(01)をはじめ、西山洋市『グロヅカ』(05)、万田邦敏『接吻』(07)、中嶋莞爾『クローンは故郷をめざす』(08)、片嶋一貴『アジアの純真』(11)などを手掛けている。また、受講生と講師のコラボレーション作品をはじめ、映画美学校製作作品の録音・整音を数多く手掛けている。

美術/山下知恵(やましたともえ)

1966年生まれ。美術短大卒業後、福岡のデザイン事務所で広告とパッケージのデザイナーとして勤務後上京。アニメーション制作会社にて制作進行として勤務しながら第8期フィクション・コース高等科終了。在学中はコラボーション実習作品、篠崎誠『殺しのはらわた』に美術で参加。高等科修了後はテレビドラマやVシネマの美術、NHK Eテレ『いないいないばぁっ!/ながぐつの ぶか』、『みいつけた!/いすのまちのコッシー、パックン工場』、『わたしのきもち/キモッチ』、『おかあさんといっしょ/ドコノコノキノコ(うた)』などコマ撮りアニメの美術セット造形を担当している。

音楽/柳下美恵(やなしたみえ)

ミニシアターのさきがけスタジオ200勤務後、1995年に朝日新聞社主催の映画生誕100年記念上映会でサイレント映画ピアニストとしてデビュー。国内の映画祭、映画館、大学の公開講座等の他、ボローニャ復元映画祭、ポルデノーネ無声映画祭、ボン無声映画祭、チュンムロ国際映画祭、SEAPAVAA(東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合)会議、韓国映像資料院など海外公演も多数。紀伊國屋レーベル『裁かるゝジャンヌ』『魔女』の音楽を担当。『裁かるゝジャンヌ』は今年イギリスのユリイカレーベルからブルーレイが発売予定。新作映画の音楽も手掛け、篠崎監督の映画は本作で4本目になる。2006年日本映画ペンクラブ奨励賞受賞。

'